テニスラケット・テニスシューズ・テニスガットなど、テニスのことなら何でもお任せ。プロ選手も頼りにする店、テニスパラダイス。会員ポイント実施中!

ブランドから探す

  • 10,000円(税込)以上で離島以外送料無料
  • 会員登録で500ptプレゼント
  • 委託買取販売
  • SHOP STAFF
  • ASO足首サポーター装着方法
  • チューンナップ工房「ラケットスタジオ」が語る!
  • 第一回テニパラOFF会ストリングセミナー
  • マーク・グッドマンがテニパラに来店
  • スノワート社 CEO 来店
  • リニューアルしたテニスパラダイスに行ってみよう

【ご来店02回目】「ありすぎるストリング。さぁ、何を選ぶ?」


専門店に相談すれば、自分のプレースタイルや筋力に合った
オーダーメイドの張りが実現する

春です。テニスの季節です!
これからテニスを始める初心者さん、ストリング選びは大丈夫?
中上級者も必読。
ストリングのセッティングを見直すことで、今までできなかったプレーができ、打てなかったショットが打てるようになる!

飛びもフィーリングも、ストリングで変えられる!

ラケットの剛性が高くなり、ボールを楽に飛ばせるようになった昨今、ストリングに求められるのは飛びすぎを押さえる性能であり、そのためのアイテムとしてポリが選ばれている。しかし、硬いポリだと腕に負担がかかるため、柔らかなマルチも捨てがたいというニーズもあることは間違いない。
また、プロの世界でストローク全盛だからポリが流行りというが、自分のプレースタイルがダブルス中心のサーブ&ボレーなら、耐久性を問題視する必要はなくなるので、ナチュラルも選択肢に加えられる。
いずれにしても、ボールに直接コンタクトしているのはストリング。硬さや飛びの設定を最も調整しやすく、なおかつラケットを買い替えるよりも安上がりでできるのだから、張り替えを活発にしたほうが良いのは間違いない。

ストリング次第で、あなたはもっとうまくなる!

例えば、コントロールが定まらないという人は、ボールが面に乗ってくれないために散らばってしまうのが原因と思われる。そういう場合は、縦糸に対して横糸のテンションを5ポンド程度下げることで、球乗りが良くなり問題が解消する。
逆にボレーなどで弾きを求めたいなら、横糸のテンションを上げるといい。フレームの変形を防ぐために縦糸以上に上げるのは危険だが、球離れのいいラケットに生まれ変わる。
ポリは耐久性のみならず、実はスピン性にも優れる。表面がツルツルだから糸がよく動き、そのスナップバックで回転を与えてくれるのだ。
ナイロンでスピン性を求めるなら、ボールがよく食いつく細ゲージがお薦め。またタッチ系の改善にも細ゲージが向く。インパクトの感触が手によく伝わり、ドロップショットなどでは繊細なコントロールが可能に。
逆に太ゲージは耐久性を求める以外にメリットはないかといえば、そんなことはない。しっかりとした打ち応えがあり、ブレないからコントロールも良いのだ。フラット系で強く打てる女性などは、実は太めのマルチを使うとベストマッチになる場合が多く、また太い方がテンションも落ちにくいので、糸の性能を長持ちさせるアドバンテージもある。

あなたの今のラケット、それで大丈夫?

このように、糸の種類、ゲージ、テンションを少し変えるだけで、プレーの改善が図れるのがストリングの面白さであり、そのためのアドバイスをプロとして提供できるのが、専門店の強みといえる。
逆に言えば、素人考えで標準的なストリングを、標準的なテンションで張っていては、まるで自分には合わないギアでテニスをしている可能性もある。あなたの今のラケット、大丈夫?

ストリンガーは「ドクター」、データは「カルテ」である


豊富なアイテムの中から、様々な人の様々なラケットを
張り上げた経験を生かして、ベストのストリングを選択する

専門店の良いところは、色んな人の色んなラケットを張るストリンガーが、豊富なアイテムの中から、プレーヤーに様々な可能性を提案できること。つまりストリンガーは、プレーヤーが抱えている数々の問題を、色んなストリングを処方することで改善する「ドクター」といえる。
また、専門店は張り替えのたびに、アイテムやテンション、その時のプレーの調子などをデータとして蓄積する。それはまさしく「カルテ」であり、いつでも情報を引き出せる。新しいストリングを試す時には仮説を立てながら、ベストのセッティングを模索することができるのだ。
張る人も変わればデータの蓄積もないショップや、ホームストリンガーでは、テンションシールに書き込める情報量がそのプレーヤーのデータの全てとなってしまう。
その違いは歴然。専門店というだけあって、さすがは「いい仕事してますね~」である。


いつ、何を、何ポンドで張って、その時の調子はどうだったかなど、
過去のデータが全て蓄積されている「カルテ」

うまい人に追い付きたいなら専門店をフル活用!

専門店というと、経験豊富なプレーヤーが多く利用するため、初心者にとっては敷居が高く感じられるかもしれない。しかし、ストリングの種類もテンションも面圧も、何をどう変えたらプレーがどうなるのか、何もよくわからない初心者だからこそ専門店のドアを叩いてみるべきだ。道具でテニスが変わるということを、早い段階で体感できる。
データが蓄積されてカルテ化すれば、それはあなたにとって、これから歩むテニス人生の貴重な財産となるに違いない。だから、初心者こそ専門店がお薦め。スタートダッシュで道を誤らないギア選びが大切だ。


専門店は、「スターティングクランプ」や
「ストリングアダプター」などの最新の機材を使って、
最先端のストリンギングを行なう

取材/吉田正広

過去スマッシュ掲載記事

PAGE TOP
テニスブランドの最新ニュースをチェックしよう!
<×
ニュース一覧へ