テニスラケット・テニスシューズ・テニスガットなど、テニスのことなら何でもお任せ。プロ選手も頼りにする店、テニスパラダイス。会員ポイント実施中!
  • 10,000円(税込)以上で離島以外送料無料
  • 会員登録で500ptプレゼント
  • 委託買取販売
  • SHOP STAFF
  • ASO足首サポーター装着方法
  • チューンナップ工房「ラケットスタジオ」が語る!
  • 第一回テニパラOFF会ストリングセミナー
  • マーク・グッドマンがテニパラに来店
  • スノワート社 CEO 来店
  • リニューアルしたテニスパラダイスに行ってみよう

【ご来店18回目】「あのスノワートが完全復活!社長が初来日しテニパラを訪問!」


左から、テニパラ太田稔店長、エンジニアのロベルト・
ガザーラ氏、GMのパトリック・ファンオッペン氏、スノ
ワートジャパンの久木田克幸代表

情報通ならすでにご存じの読者もいるだろう。
70~80年代に一世を風靡したスノワートが復活。
当時のブランドヒストリーを懐かしむとともに、今後の展望などについてスノワートジャパンの久木田克幸代表とテニパラ太田稔店長が話し合った。
加えてスノワート社長が初来日。
テニパラを訪れた感想ならびに日本のファンへ向けたメッセージも掲載する!

GSの優勝回数が「66」のスノワート


「スノワートの丁寧な物作りの姿勢を、ショップとしても
応援したい気持ちです」(テニパラ太田店長)

【テニスパラダイス太田稔(以下、テニパラ太田)】
スノワートは1928年にスタートした伝統のあるメーカーです。ゲルライテス、ゴットフリート、ニューカムなどが使用していました。80年代に入ってもその勢いは衰えず、86年にはペルンホルスがノーシードからいきなり全仏の決勝まで行きましたね。88年にはメチージュがソウル五輪で優勝しています。惜しいことに、皆活躍した選手なのに地味な印象からボルグやコナーズ、あるいは80年代だとぺルンホルスはスウェーデンの同胞であるエドバーグの陰に隠れてしまいました。

【スノワート久木田克幸(以下、SW久木田)】
マッケンローやナブラチロワも使っていました。スノワートはグランドスラムで66回の優勝を誇る欧州のリスペクトブランドです。

【テニパラ太田】
え、66勝じゃなくて、66回も優勝!?

【SW久木田】
はい。ダブルスなど全種目を合わせてですが、チャンピオンシップの獲得数が66です。

【テニパラ太田】
それはすごいですね。

【SW久木田】
ベルギーのテニス協会や投資家が、テニス界の現状を鑑みてもう一度リスペクトブランドであるスノワートを復活させようとなったのが、今から約2年前。ベルギーの不動産王であり、テニス愛好家のパトリック氏がグローバル本社のGM兼CEOに就任し、開発部長兼GM補佐としてロベルト氏がチームに加わりました。日本市場の開拓に向けて私に声が掛かったのが昨夏です。

300万本売れたお化けラケット。しかしこれが分岐点に

【テニパラ太田】
当時のカタログを振り返ると、「ラケット1本、130工程」とあります。非常にこだわりの強いブランドですよね。

【SW久木田】
もちろん当時とは経営者も開発スタッフも変わりましたが、理念は受け継がれて2016年に完全復活しました。

【テニパラ太田】
スノワートといえば、九州の田舎で幼少期を過ごした私には高嶺の花でしたよ。

【SW久木田】
ゲルライテスが使用した『ビタス・オートグラフ』というラケットを含め79年に300万本を発売し世界シェアも約40%に達していた瞬間もありました。ところがこの大成功が、今振り返ると分岐点だったのです。84年のカタログをさかのぼると、他メーカーがグラファイト製のラケットへ移行しつつあるなか、スノワートは年間300万本の大成功を捨て切れずにウッドにこだわってしまったのです。


ウッド時代のカタログ。当時から非常に細かなラケット設計がなされていた様子がうかがい知れる

ゼロからの完全復活。しかしDNAは継承!


「スノワートは欧州のリスペクトブランド。そのDNAを
受け継いで復活しました」(スノワートジャパン久木田
代表)




ブリュッセルで初めてラジオ放送が行なわれた歴史ある
社屋を買い、現スノワート本社として使用

【SW久木田】
スノワートという会社がなくなったのは91年。その後7年間はまだ、世界で代理店が細々と扱っていましたが、98年を最後に一切誰も目にすることのないブランドとして終了しました。

【テニパラ太田】
それが18年ぶりに復活。テニパラが今年で創業20年ですから、ちょうどスノワートと交わらずにいた空白の約20年といえます。

【SW久木田】
ゼロからの完全復活です。0.1パーセントでもシェアが残っていたりすると、死に損なったブランドイメージを引きずりかねません。ゼロから復活するところに意義があると考えます。

【テニパラ太田】
1本作るのに130工程を費やすスノワートのDNA。それが受け継がれるモノ作りに対する姿勢を、我々専門店としても応援したい気持ちがあります。

【SW久木田】
スノワートは主に専門店にしか卸しません。ラケットの良さをきちんと、プロの販売員からユーザーへ伝えてもらいたいからです。

【テニパラ太田】
そもそも量販店に卸せるほど大量生産できる作り方でもありませんからね。

【SW久木田】
今回を含め、3社のテニスブランドの商品企画・開発に携わらせていただいていますが、これだけ高いレベルでモノ作りにこだわるブランドは初めてです。これまでトップが私に「もっとコストを削って利益を追い求めなさい」と言うことはあってもその逆のことを言うことはありませんでしたし、今は開発会議等でパトリックから「そこを削って本当にお客様が120%満足出来るのか?」「そこは妥協すべきではないのでは?」と逆に水を向けられることが多いので驚いていますよ。

【テニパラ太田】
歴史あるヨーロッパらしい職人気質によるのだと思います。

突き抜けて売れる平均90点以上のラケット

【SW久木田】
日本市場で勝つためにどうすればいいかをベルギー本社に伝えると、それが忠実に反映されたラケットが作られてきます。どのメーカーのラケットも、黒塗りのテストモデルを打てば平均80点は出ます。突き抜けて売れるには90点以上が必要。スノワートはここに食い込むラケットを用意してきたのです。

【テニパラ太田】
再起をかけた販売戦略もユニークですね。4機種に2ウェイトシステムを採用する計8モデルのラインナップですが、店側としては、新規ブランドに8柵も取れません。スノワートはウェイトの違いをグリップの色で区別し、4柵でも8機種から選べる効率のいいスペックカバーリングを実現しています。

【SW久木田】
具体的には、パワー系の「ビタス」と、スピン&コントロール系の「グリンタ」の2ファミリーで、フェイスサイズの違う2モデルにそれぞれトップヘビーとトップライトを用意しながらもスイングウェイトを同一にする「こだわり」を見せました。様々なプレースタイルを隈なくカバーできる編成で日本市場のラインナップが完成しました。

適材適所の断面形状。全域スイートエリアを実現!

【テニパラ太田】
フレームのどこを切っても形が違います。このような精巧な作り方は、大量生産ではまず不可能ですよね。

【SW久木田】
従来のラケット作りのコンセプトとは逆の視点から作られています。最近の開発トレンドはボールをより飛ばすために高弾性カーボンを使ったりしますが、剛性が上がりすぎてオフスポットに当たった時の衝撃や振動もそれに比例して上がるので、フレームやグロメットに特殊な振動吸収機能や素材を施します。スノワートは硬い高弾性カーボンを一切使っていません。パートごとに断面形状を設計し、ネジレを相殺する耐震設計…。芯を外してもガシャリ感のない全域スイートスポットの感覚を得ることができます。

【テニパラ太田】
しかもカーボンは、国内某トップ繊維メーカー製です。またスペックに目を転じると、フレーム厚が23・99ミリや26・28ミリなど、前代未聞の細かさですよ。

【SW久木田】
空力実験でねじれの生じ方を検証し、少数点以下2桁までフレーム厚の違いを追求しました。24ミリでいいんじゃなくて、23・99ミリじゃないとスノワートのこだわりとしてはダメなのです。

健全なビジネスの目標を共有。ファンが増える好循環へ!


今後はバッグやストリングなど、広く展開していく予定

【テニパラ太田】
当店でもウェブで特設ページを作り普及に努めています。

【SW久木田】
ありがとうございます。当ブランドは、まず欧州と日本市場に注力し、そこを基点にブランド認知を高めていきます。信頼されるブランドに育てたいので、一つの例として、1モデルの商品サイクルは最低きっちり2年間(正規価格で)継続したいと思います。「買ってまだ半年なのにもう半額になっている!」ということはしたくないので、マストな改善点としてすでに本社サイドと話し合いをしています。

【テニパラ太田】
健全なビジネスの目標がメーカーとショップ間で共有されます。本当に、ユーザーに良いものを選んでもらえるようになるでしょう。結果としてファンが増える好循環な土壌が培われると思います。

【SW久木田】
同感です。木材を扱う業種から起こったブランドだから言うわけではないのですが、木は植えた年に何かを得るために育てるのではなく、10年後、20年後の姿を頭に描きながら育てるものと聞いたことがあります。ブランドも全く同じことが言えます。2028年の創立100周年には、もしかしたら私たちはいないかもしれない。でも、その時その場にいる人たちが誇れるブランドに育てたいと思い、今、活動しています。

【テニパラ太田】
頑張りましょう!応援しますよ!

スノワート本社GM兼CEOのパトリック氏が初来日。テニパラを通じて日本のテニス事情を垣間見る!




【Q.テニパラの印象はいかがですか?】
【A.】世界のテニス製品が揃っている素晴らしい店内に、我々のプロダクトを置いていただけて感激しました。
ウェブも拝見しましたが、店構えだけではなく幅広く情報の発信をしている姿勢に感銘を受けます。
20年間も業界で結果を出してきた経営手腕は素晴らしいと思います。

【Q.今後の展望を教えてください。】
【A.】まずはラケットでスノワートブランドの市民権を得たいというのが一番大きな思いです。
大量生産ではできないサムシングスペシャルをご提供していきます。
その上で、来年以降はアパレルやフットウェアも展開。
ゆくゆくはATPやWTAにもアプローチしていくつもりです。

【Q.日本のテニスファンへメッセージを。】
【A.】テニスが好きで長年やっていらっしゃる方も、あるいはこれからテニスを始める方も、1度でもいいからスノワートにトライしてみてください。
他との違いがすぐにわかっていただけると思います。
ベルギー発のブランドですが、日出ずる国である日本にスノワートを展開できる可能性に喜びを感じています。

新スノワートラケット 全8機種のラインナップ!

  • GRINTA 98

    ●フレーム全長/27inch
    ●平均ウェイト/315g
    ●フェイス面積/98inch²
    ●フレーム厚/22㎜均一
    ●グリップサイズ/2、3
    ●平均バランスポイント/310㎜
    ●ストリングパターン/16×16
    会員価格(税込): 34,020 円
    商品詳細を見る
  • GRINTA 98 LITE

    ●フレーム全長/27inch
    ●平均ウェイト/290g
    ●フェイス面積/98inch²
    ●フレーム厚/22㎜均一
    ●グリップサイズ/2、3
    ●平均バランスポイント/330㎜
    ●ストリングパターン/16×16
    会員価格(税込): 34,020 円
    商品詳細を見る
  • GRINTA 100

    ●フレーム全長/27inch
    ●平均ウェイト/305g
    ●フェイス面積/100inch²
    ●フレーム厚/22-23.7-23㎜
    ●グリップサイズ/2、3
    ●平均バランスポイント/315㎜
    ●ストリングパターン/16×18
    会員価格(税込): 32,076 円
    商品詳細を見る
  • GRINTA 100 LITE

    ●フレーム全長/27inch
    ●平均ウェイト/285g
    ●フェイス面積/100inch²
    ●フレーム厚/22-23.7-23㎜
    ●グリップサイズ/1、2、3
    ●平均バランスポイント/335㎜
    ●ストリングパターン/16×18
    会員価格(税込): 32,076 円
    商品詳細を見る
  • VITAS 100

    ●フレーム全長/27inch
    ●平均ウェイト/300g
    ●フェイス面積/100inch²
    ●フレーム厚/23.99-26.17-25㎜
    ●グリップサイズ/2、3
    ●平均バランスポイント/315㎜
    ●ストリングパターン/16×19
    会員価格(税込): 31,104 円
    商品詳細を見る
  • VITAS 100 LITE

    ●フレーム全長/27inch
    ●平均ウェイト/280g
    ●フェイス面積/100inch²
    ●フレーム厚/23.99-26.17-25㎜
    ●グリップサイズ/1、2、3
    ●平均バランスポイント/335㎜
    ●ストリングパターン/16×19
    会員価格(税込): 31,104 円
    商品詳細を見る
  • VITAS 105

    ●フレーム全長/27.25inch
    ●平均ウェイト/285g
    ●フェイス面積/105inch²
    ●フレーム厚/24.94-26.28-25㎜
    ●グリップサイズ/1、2
    ●平均バランスポイント/325㎜
    ●ストリングパターン/14×19
    会員価格(税込): 11,340 円
    商品詳細を見る
  • VITAS 105 LITE

    ●フレーム全長/27.125inch
    ●平均ウェイト/267g
    ●フェイス面積/105inch²
    ●フレーム厚/24.94-26.28-25㎜
    ●グリップサイズ/1、2
    ●平均バランスポイント/340㎜
    ●ストリングパターン/14×19
    会員価格(税込): 2,430 円
    商品詳細を見る

Technology

【もはや「ボックス」でも「ラウンド」でもない究極の「バイオニックフレーム」と「新開発グロメット」の融合】
どこを切り取っても断面が異なるフレーム形状を適材適所に配置。しかも小数点以下2ケタまで厚みがコントロールされ、芯を外してもねじれず飛ばせる性能を有した。
その結果として面の安定性が格段に違う=パワーロスがない=振動軽減=ヒジに優しいが実現。


フレーム断面内側から見た時のストリングの稼働状況

【ストリング360度稼働の「スカーレッドグロメット」】
新開発「円すい形状グロメット」により、ホールド感を含めた打球感が格段にUP

フレーム外側を支点としてストリングが稼働することによるパフォーマンスアップ

効果1:
Grinta フレーム:スナップバック効果でスピン量アップ
Vitas フレーム:縦糸稼働によりボールスピード、パワーがアップ

効果2:
スイートスポットが105%アップ。
※100平方インチなのに105平方インチ相当のスイートスポットが得られる

効果3:
360°ストリングが稼働し、ホールド感がアップした快適な打球感

スノワートの歴史


  • ▲1928年にスノワート兄弟(バリア・スノワート
    氏、エウジーン・デプラ氏)が「SNAUWAERT」
    を設立


  • ▲家具屋としてキャリアをスタートさせた経緯が
    あり、ウッドを扱う職人気質のモノ作りはピカイ
    チだった。こだわりを大切にするベルギー生まれ
    のラケットブランド

  • ▲ヤン・コデシュ。70年と71年に全仏オープンで
    大会2連覇。73年はウインブルドンでも優勝



  • ▲ダブルスでチャンピオンシップ獲得数に貢献した
    ブライアン・ゴットフリート。全仏オープンの75年
    と77年、ウインブルドンでも76年にダブルス優勝を
    果たした

  • ▲ボルグ、コナーズと熱戦を繰り広げたビタス・ゲ
    ルライテス。70年代後半に活躍。77年全豪オープ
    ン優勝

  • ▲ミロスラフ・メチージュは88年ソウル五輪で金
    メダルを獲得した。86年全米、89年全豪オープン
    準優勝

  • ▲ミカエル・ペルンホルス。身長172cmの小兵な
    がら、86年の全仏オープンではノーシードから準
    優勝


  • ▲ウインブルドン男子単ベスト4で、ベルギー出身
    のザビエル・マリッセと元WTA9位のドミニク・
    モナミが現スノワートのブランドアンバサダーに
    就任。両者ともにベルギーNo.1プレーヤーである

  • ▲ウッドラケットで隆盛を極めたスノワート。
    写真は『カラベル』

  • ▲創業者の意志に基づき隆盛を誇っていたころの
    DNAを残す

SNAUWAERT/スノワートジャパン株式会社

20年ぶりの完全復活を遂げたベルギー発のテニスブランド

●〒251-0056神奈川県藤沢市羽鳥4-13-44
●電話080-3822-1275
●問合せ
kenny.kukita.spj@gmail.com
http://facebook.com_スノワートジャパン株式会社

取材/吉田正広
写真/田中研治

過去スマッシュ掲載記事

PAGE TOP