テニスラケット・テニスシューズ・テニスガットなど、テニスのことなら何でもお任せ。プロ選手も頼りにする店、テニスパラダイス。会員ポイント実施中!

ブランドから探す

  • 10,000円(税込)以上で離島以外送料無料
  • 会員登録で500ptプレゼント
  • 委託買取販売
  • SHOP STAFF
  • ASO足首サポーター装着方法
  • チューンナップ工房「ラケットスタジオ」が語る!
  • 第一回テニパラOFF会ストリングセミナー
  • マーク・グッドマンがテニパラに来店
  • スノワート社 CEO 来店
  • リニューアルしたテニスパラダイスに行ってみよう

【ご来店01回目】「テニスショップってどんなところ?」


ラケットをはじめ、色んな商品にじかに触れて選ぶことが
できるのが、専門店のいいところ

テニスのギアに関して最も詳しい情報や知識を持っているのは、
専門店だ。
テニスショップに学べば、
テニスライフは一層充実するに違いない。

開業17年を迎える老舗プロショップ「テニスパラダイス」からの
隔月連載スタート!

専門店ならではの、情報! 設備! 品揃え!


ボトルキープならぬ、ロールキープで手軽に張り替え。
何を選べばいいかも的確診断!

メーカー直販で直接やり取りできるのが、テニス専門店の強み。
お客さんにはメーカーとのコラボ企画でプレゼントがつくこともある。
他にもメーカーとのつながりが強い専門店だから、選手のギア情報や裏話的な(?)ネタも豊富。
例えば「錦織圭と同じ張り方をして」という、ネットショップではかなえにくいリクエストにも応じられるのが専門店だ。


重さ、バランス、スイングウェイトなどのラケットデータを計測可能。
複数本買いのスペックを揃えたい場合などに便利だ。
お客さんのギアコンディションをデータで管理できる

見るだけでも楽しめる!貴重な選手使用品の展示


選手の使用したモデルが所狭しと並べられている
ガラス棚(上)。
ジョコビッチ使用ラケット(左)やシャラポワ着用ウェア
も間近に見ることができる!

専門店には、独特な雰囲気がある。
特にテニパラはそうだが、選手が実際に使ったラケットやシューズなどを、所狭しと展示。
フェデラーがジャパンオープンで履いたシューズ、ジョコビッチのサイン入りラケット、そしてシャラポワ着用済みウェアというと、男性ユーザーも目を光らせるのでは?(笑)。
というのは冗談として、家族連れで訪れれば、テニス好きの子どもも、ワクワクするに違いない!

思わぬ掘り出し物や探していた逸品に出会えるかも!?


リサイクルラケットには、グリップのビニールカバーが
剥がされていない未使用モデルもあったりする
(しかも安い!)



ファンなら一度は見たい!
「ボルグパーソナル」というビンテージラケット

ニューモデルもいいけれど、気に入って使っていたラケットが廃番になり、もう手に入れられなくなるのも困りもの。
そういう場合はリサイクルコーナーをのぞいてみよう。
新品と見間違う奇麗な状態のラケットがずらりと並ぶ。
またとにかく安いので、長く続けるかわからない部活スタート組がとりあえずの1本目として選ぶのにも重宝する。
一方ではプレミアのついたビンテージラケットも。
市場に出回ったのとは異なる『ボルグパーソナル』などのレアモノを見つけられたりする。

わからないことは何でも専門スタッフに聞いちゃえ!


テニパラ店長の太田稔さん。テニス雑誌への寄稿も多数!

専門店を利用する一番のポイントは、これではないだろうか。
専門店というだけあって、店員さんはとにかくスペシャリスト。
例えば数がありすぎてわかりにくいストリングについても、その人にとってのベストマッチを、プレー頻度や技量、体格、予算などから判断して選び抜くお手伝いをしてくれる。
もちろんストリングだけではない。
シューズなどは実際に足を入れてみないことには合うかどうかわからないが、そういったことも試した上で専門スタッフに相談できるのだ。

店舗に劣らぬサービスとイベント盛りだくさんの通販サイト!


テニパラのウェブサイト。
ちょいちょいのぞいておくと、目玉企画に出会えることも!

訪れたくても来店できない地方などのお客さんにも、ウェブサイトを通じて積極的に情報発信。
水曜日の「定休日企画」、週末の「土日企画」と題して、目玉商品をタイムセールのような日時限定で提供している。
4月からはさらにコンテンツを充実させて、動画を流したりこだわりのウンチクを語ったりする予定だという!

取材/吉田正広

過去スマッシュ掲載記事

PAGE TOP
テニスブランドの最新ニュースをチェックしよう!
<×
ニュース一覧へ